資金計画(ファイナンシャル・プランニング)

子供09「資金計画」(ファイナンシャル・プランニング)とは、個人や家族としての生涯にわたる人生設計をかなえるために、家計に関するさまざまなデータを収集・分析して、貯蓄や保険、納税などを含めた資金面での設計を立案することをいいます。
一般的には、個人または家族としてどのような生活を送りたいかをまず思い描いた上で、個人や家族の将来に起こるであろう出来事を年次的に記した「ライフイベント表」を作成します。
このライフイベント表には、各人、各年ごとに、例えば入学、就職、結婚、出産、住宅の購入、自動車の買い替えなどのイベントが記入されます。この表を作成することによって、漠然としていた人生設計がより明確になるとともに、いつどのような特別な資金の需要が発生するのかがひと目でわかります。
次に、「キャッシュフロー表」の作成ですが、こちらは個人や家族の長期にわたる資金の収支状況を予測し、時系列の表としたものです。
この表は、生活費、教育費などの支出、給与や年金などの収入を費目ごとに記載した上で年間の収支の差額を割り出すともに、預貯金や保険などの貯蓄の運用益、運用残高なども記載対象に加えます。
したがって、この表を作成するにあたっては、年間いくらの資金を運用すれば住宅の購入時に目標額を貯蓄することができるか、などのようなシミュレーションが必要になりますので、終価係数、現価係数などのよく使われる計算方法を知っておくと作業が簡単になります。