老後資金

子供01人生のなかの三大資金とは、住宅購入資金と教育資金、老後資金の3つになります。これらは全て金額が大きくなることがあるため、準備するのに時間がかかります。
住宅購入資金は、一戸建てやマンションを購入する際に必要になる資金で、頭金をある程度貯めて、あとは住宅ローンを組むことにします。住宅購入は一生に一度か二度程度のことです。数千万円の大きな買い物になるので、慎重にしましょう。
教育資金は、子どもにかかってくる教育費です。お金を残すよりも子どもに教育という財産を残したいという親の願いがこめられています。私立の学校に行かせるとなるとやはり数千万円かかることもあります。
老後の資金は、子どもが独立してから本格的に考えるものです。年金受給開始時期の引き上げから、それまでのつなぎ資金や高齢化による長寿社会でより多くの資金が必要と考えられます。引き下げられてきている年金だけでは十分ではないということで、働いているうちから貯めておくのです。ゆとりある生活をしたいと考えるのであれば、ひと月に38万円もの費用が必要であるとも言われているのです。
老後に快適な生活を送るためには、ある程度お金を貯めておくとよいでしょう。