年代別の資金計画のポイント

}PgžxQこれからの時代の年代別資金計画を早めに立てておくということは、非常に重要なことです。若いうちから早めに立てておくことをお奨めします。20代という年齢は貯金を始める年代です。まだ社会人経験も浅く貯蓄の総額が少ない時期のため、定期預金等で貯蓄の基礎を学ぶことが大切です。子供がいない、または小さい時期は貯蓄を増やすチャンスいえるのです。これから結婚・出産・葬儀等、冠婚葬祭が増える年代になっていきますので、それまでに少しでも多くの貯蓄を増やす努力が必要といえます。20代で貯蓄がある程度増えてきたら、30代では投資を学ぶ必要があります。国債や投資信託、外貨預金等貯蓄と投資のバランスを検討すると良いです。30代から40代になりますと、徐々に貯蓄額は増えているはずですが、結婚している方も多く、子供の教育費や家・車のローンで厳しい家計の方もいらっしゃいます。そのため、貯蓄額が増えていたとしても日々の出費を極力抑えて投資も少し振り向けすぎないことが重要です。早めに老後の用意をしておくことは、50代、60代の自分の助けとなるでしょう。投資に関しても当然リスクが伴うのであまり過度のバランスでの投資は禁物です。