ライフデザインと資金計画

}PgžxQ人生の様々な段階でのライフデザインが必要です。シングルの時には、入ってくるものをすべて自分で好きなように使うのではなく、結婚やそれに必要な住まいのことも考えておくべきなのです。当然、預金は目標額を定めて早いうちからしておくことです。家を購入して住宅ローンを組むにも頭金がいるのです。

結婚したら、普通は子供ができます。子供ができると成長に伴って保育園か幼稚園、小学校と上がっていくことになります。ディンクスを選択することもあります。いずれ子供を持つのであれば、このディンクスの期間中にできるだけ貯蓄をしておくことです。
共働きで子供を持つと、保育園などに預けることになります。保育料も高いので生活のバランスを考える必要があります。子供も二人目、三人目となるとますます大変です。

一番お金がかかるのが子供の教育費です。私立の学校を選んだ場合は卒業までに莫大なお金がかかります。子供の成長がある程度になったら、今度は自分たちの定年後と老後を考えた備えが必要です。その間に、自分たちが病気になったり
親の介護が発生することもあり得るのです。

住まいも、ずっと賃貸でいくのか、マンションや戸建ての家を買ってローンを払っていくのかを決めなければいけません。