未分類

子供09「資金計画」(ファイナンシャル・プランニング)とは、個人や家族としての生涯にわたる人生設計をかなえるために、家計に関するさまざまなデータを収集・分析して、貯蓄や保険、納税などを含めた資金面での設計を立案することをいいます。
一般的には、個人または家族としてどのような生活を送りたいかをまず思い描いた上で、個人や家族の将来に起こるであろう出来事を年次的に記した「ライフイベント表」を作成します。
このライフイベント表には、各人、各年ごとに、例えば入学、就職、結婚、出産、住宅の購入、自動車の買い替えなどのイベントが記入されます。この表を作成することによって、漠然としていた人生設計がより明確になるとともに、いつどのような特別な資金の需要が発生するのかがひと目でわかります。
次に、「キャッシュフロー表」の作成ですが、こちらは個人や家族の長期にわたる資金の収支状況を予測し、時系列の表としたものです。
この表は、生活費、教育費などの支出、給与や年金などの収入を費目ごとに記載した上で年間の収支の差額を割り出すともに、預貯金や保険などの貯蓄の運用益、運用残高なども記載対象に加えます。
したがって、この表を作成するにあたっては、年間いくらの資金を運用すれば住宅の購入時に目標額を貯蓄することができるか、などのようなシミュレーションが必要になりますので、終価係数、現価係数などのよく使われる計算方法を知っておくと作業が簡単になります。

}PgžxQ人生の様々な段階でのライフデザインが必要です。シングルの時には、入ってくるものをすべて自分で好きなように使うのではなく、結婚やそれに必要な住まいのことも考えておくべきなのです。当然、預金は目標額を定めて早いうちからしておくことです。家を購入して住宅ローンを組むにも頭金がいるのです。

結婚したら、普通は子供ができます。子供ができると成長に伴って保育園か幼稚園、小学校と上がっていくことになります。ディンクスを選択することもあります。いずれ子供を持つのであれば、このディンクスの期間中にできるだけ貯蓄をしておくことです。
共働きで子供を持つと、保育園などに預けることになります。保育料も高いので生活のバランスを考える必要があります。子供も二人目、三人目となるとますます大変です。

一番お金がかかるのが子供の教育費です。私立の学校を選んだ場合は卒業までに莫大なお金がかかります。子供の成長がある程度になったら、今度は自分たちの定年後と老後を考えた備えが必要です。その間に、自分たちが病気になったり
親の介護が発生することもあり得るのです。

住まいも、ずっと賃貸でいくのか、マンションや戸建ての家を買ってローンを払っていくのかを決めなければいけません。

}PgžxQこれからの時代の年代別資金計画を早めに立てておくということは、非常に重要なことです。若いうちから早めに立てておくことをお奨めします。20代という年齢は貯金を始める年代です。まだ社会人経験も浅く貯蓄の総額が少ない時期のため、定期預金等で貯蓄の基礎を学ぶことが大切です。子供がいない、または小さい時期は貯蓄を増やすチャンスいえるのです。これから結婚・出産・葬儀等、冠婚葬祭が増える年代になっていきますので、それまでに少しでも多くの貯蓄を増やす努力が必要といえます。20代で貯蓄がある程度増えてきたら、30代では投資を学ぶ必要があります。国債や投資信託、外貨預金等貯蓄と投資のバランスを検討すると良いです。30代から40代になりますと、徐々に貯蓄額は増えているはずですが、結婚している方も多く、子供の教育費や家・車のローンで厳しい家計の方もいらっしゃいます。そのため、貯蓄額が増えていたとしても日々の出費を極力抑えて投資も少し振り向けすぎないことが重要です。早めに老後の用意をしておくことは、50代、60代の自分の助けとなるでしょう。投資に関しても当然リスクが伴うのであまり過度のバランスでの投資は禁物です。

}PgžxQライフプランとは、生涯の生活設計のことであり、将来の夢や目標の計画のことです。結婚、住宅、出産、育児、老後など具体的な生活のプランともいえるでしょう。これらのうち、住宅、育児、老後にかかる資金は人生の3大資金といわれており、これらのうちひとつでも失敗するとライフプラン全体が実現できなくなる可能性があります。それを避けるためには、ライフイベント表、キャッシュフロー表およびバランスシートなどを活用すると良いでしょう。
ライフイベント表とは、個人や家族に将来起こるであろうイベントを一覧表で時系列にまとめたものであって、ライフプランの作成には欠かせないものです。頭の中でぼんやりと考えていることを具体的に表にまとめることによって、いつ誰にどんなことが起こるのかをより明確化することができます。それに伴い必要な資金も明らかになります。
キャッシュフロー表とは、現在の収支状況や今後のライフプランをもとに、将来の収支状況や貯蓄残高などを予想して表にまとめたものです。項目としては、年間収入、年間支出、年間収支、貯蓄残高は必須です。
バランスシートとは、ある時点の資産と負債の状況を示した表のことです。負債は住宅ローンや自動車ローンなどです。
ここではライフプランを考える上で役立つツールについて簡単に説明しました。これらを使いこなすことによって、ライフプランの実現に一歩近づけることでしょう。

子供02人生を健やかに過ごすためには、お金は欠かせません。
しかしながら生涯働き続け、一定の収入がある状況が続くという保証もまりません。
定年延長や再雇用の促進などの動きはあるものの、年金支給の年齢も徐々に遅くなっていたりと将来の不安要素はつきません。

そのような中でライフプランを立てるというのは極めて意義があります。
家族の年齢に応じて、収入が見込める時期や子どもの進学により多額の教育資金が必要になると予想される時期、車の車検や買い替えの時期など、想定できる将来の予定を可視化させ、現在の生計の立て方で安定した暮らしが送れるのかということを改めて考えることは、将来の不安の払しょくにつながります。

今後も増税が予定されているため、不安を抱いている人も多いと思います。
自分たちの生活を見直し、将来のために計画的な貯蓄を始めるのは早ければ早いほど効果があります。
もちろん自分自身で書き出してもいいのですが、素人の視点ではどうしても欠けてしまう出費などもあります。
そこで現在ではインターネットのサイトで無料に行えるものもありますし、保険の相談時にファイナンシャルプランナーに相談することもできるのでぜひ利用してみるとよいでしょう。

 

子供01人生のなかの三大資金とは、住宅購入資金と教育資金、老後資金の3つになります。これらは全て金額が大きくなることがあるため、準備するのに時間がかかります。
住宅購入資金は、一戸建てやマンションを購入する際に必要になる資金で、頭金をある程度貯めて、あとは住宅ローンを組むことにします。住宅購入は一生に一度か二度程度のことです。数千万円の大きな買い物になるので、慎重にしましょう。
教育資金は、子どもにかかってくる教育費です。お金を残すよりも子どもに教育という財産を残したいという親の願いがこめられています。私立の学校に行かせるとなるとやはり数千万円かかることもあります。
老後の資金は、子どもが独立してから本格的に考えるものです。年金受給開始時期の引き上げから、それまでのつなぎ資金や高齢化による長寿社会でより多くの資金が必要と考えられます。引き下げられてきている年金だけでは十分ではないということで、働いているうちから貯めておくのです。ゆとりある生活をしたいと考えるのであれば、ひと月に38万円もの費用が必要であるとも言われているのです。
老後に快適な生活を送るためには、ある程度お金を貯めておくとよいでしょう。

家族04恐らく多くの方にとっては、一生に一度の大きな買い物となるのが住宅です。住宅は一般的に日本では頻繁に売買するものではないので、一軒家の住宅を取得することでやっと一人前になれたとされる風土もあります。
高い買い物なので、住宅を取得する際には、一般的に住宅取得資金をみなさん準備されます。金融機関によっては頭金なしでも住宅ローンを貸し出してくれる金融機関もありますが、やはり頭金は物件購入価格の2割程度は用意するのが一般的です。
また、物件を購入したことがない方は、物件価格のみが支払うべき費用だと思っている方がいらっしゃいますが、住宅を購入する際には、諸費用が発生します。頭金を全く用意していない状態だと、諸費用の支払いが出来ないという状況に陥ってしまう可能性があります。
諸費用には、住宅ローンを借りる際の事務手数料や、物件の登記費用、住宅を取得すると、一般的に火災保険にも加入します。また、住宅を購入すると、その住宅に合った新しい家具を購入したり、エアコンなどを買い足す必要も出てくることでしょう。
そうなってくると、やはり購入前に事前に資金を貯めておかなければ、スムーズに新生活が送れなくたってしまいます。

家族03大学卒業までにかかる教育費用は子供1人につき、すべて国公立で約1000万、私立だと倍以上の2300万程かかると言われています。そのため、できるだけ早くから教育資金を貯めておく必要があります。
資金の貯め方として主流なのは、貯金です。多くの人が、大学進学までに200万から300万円をめどに貯めています。また、将来の教育費のために決められた保険料を支払うことで満期時に満期保険金を受け取れる学資保険があります。学資保険は、契約途中に契約者である保護者に万一のことが起きた場合は、その後の保険料の支払いが免除された上、満期保険金を全額受け取ることが可能です。また、保険会社やプランによっては、子供に万一のことがあった場合に医療費や死亡給付金などが出るタイプもあります。しかし、医療費などの保障が充実しているタイプは、返戻率
が100%以下になることがほとんどのため、貯蓄性を優先するか保障も必要かどうかの判断が必要になります。
ライフプランを立てることで、将来の収入と支出につい予測を立てることができます。予測を立てることで、どの時期に自分の家庭に余裕が出るかや大変になるかが分かるため、貯蓄しやすい時期を知ることができます。

家族02私達が生きていくうえで、お金は欠かすことのできない大切なものとなっていますが、特に人生の三大資金と呼ばれる大切な資金があります。

まず、子供のいる家庭では教育資金が大切となります。

最近は子供にできるだけ質の高い教育を受けさせたいと考える方が増えていますが、そのためには、レベルの高い学校や学習塾に通わせる必要がありますし、習い事などにもお金は必要となります。
この場合、子供の成長にしたがって、進学の時期は決まっていますので、そのタイミングでお金が用意できるよう、しっかり計画は立てておく必要があります。

そして、住宅資金もまた大切な資金のひとつです。
家を持たずに賃貸で生活されている方も少なくありませんが、やはりマイホームを持ちたいという夢を持つ方は多く、一戸建てやマンションが選ばれることとなります。
かなり大きな金額となりますので、一括での返済はかなり難しいものがあり、多くの場合は長期のローンを組んで支払っていくこととなりますので、無理のない返済計画を立てておくことが大事です。

そして老後は健康で長生きすれば誰にもやってきますので、老後資金も欠かすことはできません。
年をとると若い頃のように働くことは難しくなりますので、老後を豊かに快適に暮らせるよう、若いうちからしっかり計画を立てておくことが大切です。